バンクイックの実質金利と上手な利用法についての解説です。

お金を借りるときに気になることは金利です

金利が高いか低いかによって支払う利息も変わってきます

当然ですが、金利は低いほうがいいとされています

そして、キャッシングの利息で知っておきたいことは、実質金利や実質年率という言葉です

実質金利と実質年率は同じような意味で使われていますが、一年単位での金利のことを指しています

ちなみにバンクイックの実質金利は4.6%から14.6%となっています

このように実質金利に幅がありますので、少し気をつけるようにしてください

実質金利が4.6%となっているので、もしかしたら、私もその金利になるのかもしれないと思って、いざ申し込んでみると結局14.6%の金利だった、ということはよくあることです

しかし、バンクイックの金利は他のカードローンやキャッシング会社と比べても低い部類に入ります

そして、実質金利に差があるのは、利用限度額の大小によっています

利用限度額は、申し込みをして審査をした段階で初めて決定します

最高の500万円の利用限度額なら年4.6%の金利が適用されますし、最低の10万円以上の利用限度額なら年14.6%の金利が適用されます

利用限度額の大小はその人の信用度を表しているといってもよいでしょう

ですから、どの利用限度額になるのかは、実際にバンクイックに申し込んでみないとわからないというわけです

利息の計算で重要になってくるのは、実質金利と借入残高です

適用金利が低いと借入残高が多くても支払う利息はとても少なくなります

また、バンクイックでは毎月の最低支払金額が決まっています

その金額も借入残高によって決まっており、借入残高が多くなれば、最低支払金額も多くなります

ただ、その支払金額はあくまでも最低の支払額であり、ここから利息を差し引くと、カードローンの返済はとても少なくなっています

つまり、バンクイックでは金利の高い人は、あまりたくさん借りてはいけません

できるだけ早めに返済していくようにしましょう

毎月の返済だけではなく、随時カードローンの返済を行っていけば、少しずつ残高も減らすことができ、支払う利息も減ることになります

気になる実質金利を低くしたいと思ったら、借入限度額を増やす必要があります

ときどき利用している人で増枠のお知らせが来たときは、借入限度額を増やすようにすれば、実質金利も低くなることでしょう